シアリスジェネリック

シアリスジェネリック/ed治療薬シアリスジェネリックを紹介します

シアリスジェネリック

シアリスジェネリックは、今までed治療薬と言えば「バイアグラ」と言われていた、いわば王者の牙城を奪いつつある「シアリス」のジェネリック薬です。

 

成分はシアリスと同じく、タダラフィルという長時間効果が続く成分が配合されています。

 

勃起を助ける効果はバイアグラが4時間に対して、シアリスジェネリックは36時間と、実に9倍もの持続時間の差があります。

 

週末の土曜の夜にのむと効果は月曜の朝まで続くところから、欧米ではウィークエンド・ピルとよばれて愛用されています。

 

 

バイアグラのように、セックスのタイミングを計って薬を飲まなくてよく、薬を持ち歩く必要もないんです。

 

もう一つの大きな特徴は、食事の制限を受けない事です。

 

バイアグラは食事をする前の空腹時に飲まないと効果を発揮しませんが、シアリスジェネリックは食事をしてからでも飲むことが出来るため、パートナーとゆっくり食事を楽しんでから飲んでも何の問題もありません。

 

このように、たくさんのメリットがあるシアリスの効果をそのままに、ジェネリックの魅力である価格の安さを兼ね備えているのがシアリスジェネリックです。

 

実際週刊誌でもシアリスの特集が組まれるほど認知度が高まっており、ed治療薬と言えば「シアリス」と言われる時代はもうそこまで来ています。

 

いまの所、シアリスジェネリックは海外からしか手に入らないので、「個人輸入代行業者」に依頼して購入することになります。

 

購入方法や注意する点などを説明していきますので、参考にして下さい。

 

>>シアリスジェネリックの詳細はこちら<<<

シアリスジェネリック個人輸入

シアリスジェネリックを購入するには、個人輸入と言う方法で海外から購入することになります。

 

個人輸入について

 

一般的には、手続きの煩わしさなどもあり、個人の輸入手続きを代わりにしてくれる「個人輸入代行業」から購入することになります。

 

ここで気を付けなければいけない事は、個人輸入代行業者の全てが、誠意をもって「正規品」のシアリスジェネリックをを販売してはいないと言うことなんです。

 

 

いわゆる「偽造品(ニセモノ)」を販売している業者がかなりの数にのぼると言う事実があるんですね。

 

製薬会社が調査したところ、インターネットの通販で出回っている薬の6割は偽造品であったとの報告があるくらい、大量の「ニセモノ」が流通しているんです。

 

偽造品を作っている工場は、衛生管理もなされていない劣悪な環境なので、薬の中に何が紛れ込んでいるかわかりません。

 

薬は身体の中に入るものなので、思いもよらない副作用が発生するかわかりません。

 

シアリスジェネリックを購入する際に最も注意をしなければならないのが、正しい個人輸入代行業者の選択なんです。

 

このサイトで紹介している業者は、すべて「正規品」のみを販売している業者なので、安心して購入できます。

 

>>シアリスジェネリックの詳細はこちら<<<

シアリスジェネリック効果

シアリスジェネリックは、食事に関係なくいつでも服用することが出来ますが、効果は早い人ですと30分位で現れてきます。

 

「モーニングピル」の別名が示すとおり、36時間も効果が持続するので土曜日の夕方に服用すれば、月曜日の朝まで効き続けることになるので、この名前が付いたんです。

 

ただ、シアリスジェネリックはいわゆる「精力剤」ではないので、接触などの性的刺激が無いと勃起を促すことが出来ません。

 

また、36時間勃起した状態が続くわけではなく、性的刺激があった時だけ勃起し、行為が終わると元の状態に戻ります。

 

ここで、勃起のメカニズムとシアリスジェネリックの働きを説明しましょう。

 

 

ペニスは陰茎海綿体に血液が充満することで硬く勃起します。

 

性的刺激を受けると海綿体の動脈から一酸化窒素が分泌され、それが動脈を広げて血流をふやす合図になります。

 

しかしこの過程のの途中で、何かの理由でPDE5という酵素が生まれると、それが血管を広げるじゃまをして充分に勃起しなくなります。

 

この酵素の作用を阻害するのがPDE5阻害薬とよばれるED治療薬です。

 

バイアグラ、レビトラ、シアリス(メガリス)の3大ED治療薬はすべてPDE5阻害薬なんですね。

 

ただし、重症の糖尿病や下腹部の手術の後遺症などで血管や神経に障害がある場合は、シアリスジェネリックは効果がありません。

 

いずれにしても、バイアグラやレビトラの足りない部分を研究して作られたシアリスは、今からのED治療薬のスタンダードになっていくのは間違いないでしょう。

 

>>シアリスジェネリックの詳細はこちら<<<

シアリスジェネリック飲み方

シアリスジェネリックを飲んでも効果をあまり感じることが出来ない場合、ほとんどの原因が「空腹時に飲んでいない」事なんです。

 

「シアリスジェネリックは食事の影響を受けない」と言われていますが、正式には「バイアグラやレビトラに比べれば食事の影響を受けにくい」と言うのが本当の所です。

 

どのED治療薬でも、血液中に成分が吸収されてはじめて効果を表すので、胃の粘膜に吸収を妨げるような何らかの膜のようなものがあったとすれば、当然効果は期待できませんよね。

 

具体的に説明しますと、例えば中華料理のような脂っこい食事をして、その脂分が胃の中に残った状態でシアリスジェネリックを飲んでも、血液中に吸収されるまでに時間がかかってしまい、効果が出てきたときにはパートナーが帰ってしまったなどという洒落にならない事が起こる可能性が高いんです。

 

バイアグラやレビトラに比べて、血液中に吸収される速度がゆっくりなシアリスジェネリックは効果が長持ちするので、多少脂っこい食事をした後に服用しても大丈夫なんですが、効果が表れるのに時間がかかるということなんですね。

 

これらのことを踏まえて、間違いなく効果を発揮させるには、「食事をする前の空腹時に服用」する事です。

 

胃の中に何もない状態でシアリスジェネリックを服用すれば、成分が素早く血液中に吸収されて効果を表し始めます。

 

なので、食事をしたい場合はシアリスジェネリックの成分が完全に吸収されると思われる服用後30分以上経過した後に食事をして下さい。

 

そうすれば、すでに血液中に成分は吸収されている訳ですから、多少脂っこい物を食べたとしても効果に変わりは無くなる訳です。

 

参考までに、シリアスを発売しているイーライリリー社の資料では、シアリスは800kcalを超える食事を取った後に服用する場合、効果が50%ほど低減すると記載されています。

 

800kcalと言うと、牛丼(並)いっぱいの分量に相当します。

 

どのED治療薬であっても「食事の前の空腹時の服用」が基本であることを覚えておきたいですね。

 

>>シアリスジェネリックの詳細はこちら<<<

シアリスジェネリックインド

通常、薬はその薬の特許が切れてから初めて、ジェネリックを作る事が許されます。

 

ですが、インドではこの医薬品の特許に関する法律が他の国と全く違うんです。

 

2005までのインド国内の特許法では医薬品は特許として認められていませんでしたので、特許が切れていない薬でも合法的にジェネリックを作ることができたんです。

 

なので、インド国内では、新薬が出ると合法的にジェネリック医薬品を作る事が許され、堂々と海外に輸出をしていました。

 

インドのジェネリック医薬品は「発途上国の薬局」と呼ばれ、世界のジェネリック医薬品の大半をインドで作っていました。

 

国境なき医師団などが利用する薬の8割は、このインドのジェネリック医薬品で、支えられているのが現状でした。

 

高い新薬を使用できる財政状態は国境なき医師団にはなく、インドのジェネリック医薬品なしに、医療行為をすることは困難でした。

 

またインドのジェネリック医薬品は、値段が安く、高品質でありましたので、安全性も非常に高かったのです。

 

特に、アフリカなどの発展途上国では、エイズ(HIV)の問題が大きく、このエイズ治療薬のほとんどがインドのジェネリック医薬品で支えられています。

 

インドで作られるジェネリック薬品が使えなくなると、国の医療制度が破綻してしまうくらいの影響力があるんです。

 

そんなインドでも2005年に医薬品の特許を認める法律がつくられました。

 

ですが、2005年度よりも前の時点の後発薬品製造業者が、引き続きジェネリク医薬品を作る事を認めており、また製薬会社にとってインドで特許を取る事は2005年以降もかなりの壁があり簡単に特許を認めてくれる状況ではないのが現状なんです。

 

製薬会社が、新薬の特許をインドに申請してもの、ほとんどの場合、訴訟で負けてしまいます。

 

特に、NGO「国境なき医師団」からの反対は強烈で、それに地元の製薬会社の反対もありますので、現実には今でもインドでは、堂々とジェネリック医薬品が作られているのが現実です。

 

世界には貧しい国が沢山ありますので、インドのジェネリック医薬品はなくてはならないものとして定着しており、、製薬会社としても強く主張する事が出来ないない状況でもあり、今後も多くの論議を重ねていく必要がありそうですね。

 

>>シアリスジェネリックの詳細はこちら<<<

 


ホーム RSS購読 サイトマップ